top of page

シーリングファンとは

こんにちはトータルインテリアです!

みなさんは、シーリングファンって何のことかご存じですか?

名前を聞いただけではピンとこない人が多いかもしれません。

写真を見ると、これがシーリングファンかとなるでしょう。

シーリングファンは、おしゃれなインテリアとしてのイメージが強いですが、

実は家の空気の流れを変えてくれる機能性の高いアイテムなのです。

今回はシーリングファンについてご紹介したいと思います。



シーリングファンとは

シーリングファンとは、天井に取り付けるサーキュレーターのことを指します。

天井に付けられたプロペラのような装置のことで、天井扇と呼ばれることもあります。

室内の空気を撹拌することで室温を一定にすることができ、吹き抜けの天井が高い部屋で冷暖房の効率を上げるのに効果的です。また、シーリングファンは吹き抜けの天井が高い部屋に設置するイメージがあるかもしれませんが、薄型のタイプを選べば、マンションや賃貸のような天井の低い部屋にも取り付けることができます。天井が低いマンションや賃貸物件でもシーリングファンの効果を得られます。シーリングファンには、ライト(照明)が一緒になったタイプもあり、ライトだけを点灯したり、ファンだけの使用も可能です。



シーリングファンのメリットとデメリットをそれぞれみていきましょう。

メリット

・おしゃれなインテリアになる

・冷暖房の効率が良くなる

・匂いを拡散させる

・カビや結露を防ぐ

・部屋干ししてもすぐに乾く


デメリット

・お掃除が大変

・設置には天井の強度や高さが関わる

・シーリングファン自体の電気代がかかる

・製品によってはモーター音が気になることもある




まとめ

シーリングファンはその見た目から、おしゃれなインテリア製品としてのイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。見た目だけでなく、実用性も兼ね備えているものだったのですね。低い天井でも設置できるような薄型タイプのシーリングファンも多くでているので、シーリングファンの設置をぜひ検討してみてはいかがでしょうか?


Commenti


bottom of page