top of page

タンクレストイレとは 

こんにちはトータルインテリアです!

みなさんは、最近よく耳にする「タンクレストイレ」を知っていますか?

タンクレストイレは、文字通り「タンクがない」トイレのことです。

飲食店などのおしゃれな店舗で、タンクがないすっきりとした形のトイレを見かけたことはありませんか?

今回のブログは人気のタンクレストイレをご紹介します!



タンクレストイレとは、便器の後ろの貯水タンクがないタイプのトイレのことを指します。 水を溜めておく貯水タンクがない分、トイレの空間がすっきりとして見えます。

タンク型のトイレでは水道の水を一時的にタンクに貯水し、タンク内の水で便器を洗浄します。これに対し、タンクレストイレは水道から直結で水を流す仕組みとなっています。

タンクレストイレは便器と便座が一体型で、温水洗浄便座(ウォシュレット)が標準装備されていて、節水効果が高い製品が多いところも魅力的です。



メリット

タンクレストイレには次のようなメリットがあります。

・トイレ空間が広く感じられる

・デザイン性が高い

・掃除が簡単で、お手入れがしやすい

連続で水を流せる

・節水効果が高い


デメリット

タンクレストイレのデメリットについても学んでおきましょう。

手洗い場がついていない

水圧によっては設置ができない場合もある

停電時の使い勝手に注意

・比較的価格が高い

・ウォシュレットのみの交換ができない




まとめ

タンクレストイレは水を溜めるタンクが無いので小型で、デザインにこだわる方に人気のトイレです。おしゃれなトイレを設置したい方は、ぜひタンクレストイレを検討してみましょう。メリット・デメリットを確認したうえで、選択すれば、満足度の高いトイレ空間をつくることができるでしょう。




bottom of page