top of page
  • info9068835

廻り縁とは

みなさんは、廻り縁がどのようなものかご存知ですか?

この記事では廻り縁について解説をします。


廻り縁(まわりぶち)とは、壁と天井の境目に付ける部材のことを指します。

天井廻り縁と呼ばれることもあります。

廻り縁の役割は、天井と壁の境目をきれいに見せることです。

最近は廻り縁をつけないお家や店舗も増えています。

長年住み続けることでクロスが収縮することがあり、

最終的につなぎ目に隙間ができてしまうこともあります。

それらを目立たないようにしているのが廻り縁です。

廻り縁は素材も色もデザインもバリエーションが豊富で、お部屋の雰囲気づくりに活かすことができるでしょう。

太い廻り縁を使用すると、豪華さや高級感のある雰囲気を出すことができます。

目立たない廻り縁を使用して、シンプルなイメージの空間を作ることも可能です。

廻り縁そのものにデザイン性があります。

廻り縁を含めた内装デザインを考えなければならないので、注意が必要です。

種類や材質も多様で、無垢材や集成材などの木製の廻り縁であったり、

アルミやステンレスの金属の廻り縁、店舗や住宅で使用されている塩化樹脂の廻り縁などがあります。


あまり気にしてこなかった部分かと思いますが、お部屋のアクセントにもなるので、

じっくりと考えたいですね!



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page