• info9068835

クッションフロアとは

みなさんは、クッションフロアがどのようなものかご存知ですか?

この記事ではクッションフロアについて解説をします。


クッションフロアとは、厚さ1.8mm~3.5mmの塩化ビニール素材で作られたシート状の床材で、建築業界では「CF」と呼ばれています。

塩化ビニール素材であるため水を弾く特徴があり、台所や洗面所、脱衣所、トイレなどの水まわりによく使われています。

比較的安価で、簡単に施工ができるのでDIYでの人気もあります。

デザインのバリエーションが豊富で木目調や石目調、タイル調、モルタル調など様々です。


クッションフロアには、ほかの床材にはないメリットがあります。

ビニール系のシートため耐水性、撥水性に優れています。

水をこぼしても染み込みにくく、拭き取るだけできれいになります。

油汚れも中性洗剤と雑巾(布)を使って落とすことができるので、

掃除やお手入れが簡単です。

施工が簡単で、土足対応や機能性に富んだ商品が豊富にあります。

トイレには消臭効果のあるクッションフロアがおすすめです。


耐久性が低いというデメリットもあります。

一般的な木質のフローリングと比較すると、耐用年数は短く、経年劣化しやすいです。

クッションフロアは柔らかいことがメリットですが、表面の耐擦傷性は低いので傷が付きやすく、タンスなどの重い家具を長時間置くと、表面が凹んで跡ができてしまいます。

塩化ビニールでできているため、通気性はほとんどありません。

接着剤が剥がれた部分から湿気が入り込むと、カビが発生する可能性があるので注意しましょう。


クッションフロアは耐水性が高く、安価で簡単にお部屋のイメージを変えられるところが魅力的です。キッチン、洗面所、トイレなどの模様替えやリフォームにクッションフロアを検討してみるのもいいですね。



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示