top of page

スロップシンクとは

こんにちは、トータルインテリアです!

スロップシンクって聞いたことありますか?

あまり聞き慣れない言葉なので、どんなものかわからない人も多いでしょう。

汚れた靴や衣類、雑巾、掃除道具、園芸道具などを洗ったり、ペットのシャンプーや散歩帰りのペットの足を洗ったりと多岐に渡り役立ちます。洗面台やキッチンのシンクで洗うのに少し気が引ける汚れものを洗うのに便利なシンクです。

今回は、あると便利なスロップシンクについてご紹介します。



スロップシンクとは

スロップは英語で汚水や泥水を意味しています。

スロップシンクとは汚れ物にも対応できる深さのある大型のシンクのことを指します。マルチシンク、掃除用シンクと呼ばれることもあります。間取り図や図面では「SK」と表記されていることも多いです。掃除道具や靴など、キッチンや洗面台のシンクで洗うことに抵抗があるものを洗う流しとして使われています。洗面台のシンクよりも深く、周囲に水や汚れが飛び散りにくいです。スロップシンクは、掃除で使った雑巾や泥だらけの靴などを洗うのに便利なシンクなのです。



スロップシンクのメリットやデメリットも学んでおきましょう。

メリット

・汚れたものや大きなものを洗いやすい

・靴や衣類のつけ置き洗いに便利

・アウトドアグッズやガーデニング用品を洗うのに便利

・ペットの足洗い場・シャンプーにも使うことができる


デメリット

・設置するスペースが必要になる

・洗面所のボウルと比べて種類が少ない

・配管工事費用が必要になる



まとめ

スロップシンクは通常の洗面ボウルに比べて、深さや幅があるものが多いです。洗濯物の予洗い、靴のつけ置き、ガーデニングや掃除、アウトドアグッズのお手入れなど、さまざまな用途で活用することができます。スロップシンクの設置場所であったり、何に使うのか目的を決めてから選ぶことが大切です。予算や使用目的を考えながら設置の必要性を検討しましょう。

Comments


bottom of page