top of page

ユニットバスとは

こんにちは、トータルインテリアです!!

みなさんはユニットバスと聞いたら、どんなお風呂をイメージしますか?

ビジネスホテルなどによくある、お風呂とトイレと洗面台が一緒になっているものをイメージする方も多いのではないでしょうか?

今回のブログは、ユニットバスについて解説します。



ユニットバスとは

ユニットバスとは、あらかじめ工場で作られた浴室の壁・床・天井・浴槽などを現場に搬入し、組み立てる浴室のことです。システムバスと呼ばれることもあります。

壁・天井・床・浴槽が一体化しており、ユニットバスのパーツは、すべて規格品です。ユニットバスのリフォームは、ユニットバス同士の交換はもちろんですが、従来の在来工法からユニットバスへの変更などもできます。分解されたパーツを浴室に運び入れて組み立てます。



ユニットの種類

ユニットバスは大きく分けると「1点ユニットバス」「2点ユニットバス」「3点ユニットバス」の3種類に分けられます。それぞれの特徴をおさえておきましょう。


・1点ユニットバス

1点ユニットバスとは、浴室のみが独立しているユニットバスで、浴槽と洗い場のみで構成されます。さまざまなメーカーが取り扱っていて、一戸建ての住宅や家族向けのマンションなどに採用されることが多いのが、このタイプです。




・2点ユニットバス

2点ユニットバスは、浴槽と洗面台がひとつの空間にまとめられているもので、賃貸住宅などでもよく見られるタイプです。ワンルームなどの小さな賃貸のお部屋に採用されています。



・3点ユニットバス

3点ユニットバスとは浴槽、洗面台、トイレがひとつの空間に組み込まれているもので、賃貸住宅やビジネスホテルでよく見かけるユニットバスのタイプです。



ユニットバスのメリット・デメリット

ユニットバスのメリット・デメリットも簡単に知っておきましょう。


メリット

・掃除やメンテナンスがしやすい

・耐久性が高い

・気密性・断熱性に優れている

・水漏れのリスクが少ない

・バリアフリーに対応している

・短い工期で済む


デメリット

・サイズの自由度が少ない

・トイレとお風呂を同時に使えない

・カビが生えやすい

・収納スペースがない

・規格外の変更が対応できない



まとめ

賃貸物件を探すときに、ユニットバスかユニットバスじゃないかにこだわる方も多いのではないでしょうか。物件探しでは、お風呂やトイレも大切なチェックポイントですよね。お風呂、トイレ、洗面台がひとつになった3点ユニットバスは、お風呂・トイレ別の物件よりも家賃が低めなので、できるだけ家賃が安い物件を探している方におすすめです。ユニットバスは3種類のタイプがあり、それぞれに特徴があります。水回りは毎日必ず使用するものなので、自分の生活スタイルに合わせて選びましょう。









Comments


bottom of page