top of page

インテリアとエクステリアの違いとは

こんにちはトータルインテリアです。

インテリアは、みなさんご存知かと思いますが、エクステリアって何なのか知っていますか?

今回は、インテリアとエクステリアの違いを解説したいと思います。


インテリア

インテリアとは、室内空間全体のデザインや雰囲気を形成する要素を指しています。

家具、カーテン、クッション、照明、花瓶、壁紙、絵画、装飾品などがインテリアの一部です。インテリアは室内装飾・お部屋を飾るもののことです。

よく使われている言葉ですが、具体的にはよくわからなかったりする言葉ですよね。日本では、インテリアは「室内装飾」という意味で使われていますね。


エクステリア

エクステリアは、家の中にあるソファやベッド、テーブルなどを表すインテリアの対義語として使われていて、庭や外壁などの建物の外観全体を表す言葉です。

エクステリアを構成する主な要素は庭、塀・フェンス、門柱、門扉、カーポート、アプローチ、ウッドデッキ、植栽などの構造物です。エクステリアは構造物(外構)で構成された外まわり全体を意味します。

写真は海外のお家だと思うのですが、すごく立派なエクステリアですよね。



まとめ

簡単にまとめると、「インテリア」は室内、つまり家の中を彩るもので、「エクステリア」は家の外構や建物の外部、家の外まわりの空間を彩ることだったのですね。

エクステリアはあまり聞いたことがないという人も多いでしょう。

お部屋の内部のデザインにこだわるのも素敵ですが、お家の外観までこだわるとより自分好みの快適なお家となりますね。日本のお家だと外観よりもお部屋の内装の方がこだわりやすいかもしれませんね。インテリアやエクステリアを意識して、理想のお家づくりに少しでも役立てられたらいいですね。




コメント


bottom of page