top of page

オープンキッチンとは

おしゃれで開放感のあるオープンキッチン。

そんなオープンキッチンに憧れている方も多いのではないでしょうか。


オープンキッチンとは、キッチンとリビングダイニングが壁で仕切られていない間取りの

キッチンのことを指します。キッチンがリビングダイニングとひとつの空間になるため

開放感が高く、広々とした空間になり、LDKが広く感じられます。

広々とした開放感のある空間を手に入れたい方にはぴったりののキッチンですね。


オープンキッチンのレイアウトは大きく分けて「アイランド型」と「ペニンシュラ型」が

あります。


アイランド型オープンキッチンは、キッチンが壁から離れており、部屋のなかに独立した

形状になっているものです。

キッチンの作業台が独立していて、360度壁に接していないレイアウトで島のように

見えることからアイランドキッチンと呼ばれています。

アイランドキッチンは壁から独立しているのでキッチンを囲んで調理ができます。

会話をしながら、家族や友人と一緒に料理を楽しめます。


ペニンシュラ型オープンキッチンはペニンシュラ=半島を意味する言葉で、

キッチンの片面が壁側につく形状のものです。

オープンキッチンのなかでも、壁側のスペースを活用しやすい作りになっていて、

収納や料理をするスペースを確保できます。


オープンキッチンにはどのようなメリットがあるのかをみていきましょう。

・コミュニケーションが取りやすい

・空間が開放的にみえる

・おしゃれな空間になる

食事の配膳・片付けがしやすい

オープンキッチンのデメリットも確認しておきましょう。

ニオイや煙が広がりやすい

水はね・油はねが気になる

・収納が少ない

・余裕を持った間取りが必要


オープンキッチンは開放感とコミュニケーションの取りやすさが魅力ですね。

キッチンリフォームでオープンキッチンを選ぶのなら、メリットやデメリットなども

しっかりと確認しておきましょう。

ライフスタイルに合ったキッチンを選んで、快適な暮らしを実現させましょう。




Comments


bottom of page