top of page

フロアタイルとは



みなさんは、フロアタイルがどのようなものかご存知ですか?

この記事ではフロアタイルについて解説をします。


フロアタイルとはPVC(ポリ塩化ビニル)素材でできたタイル状の床材のことです。

塩ビタイルともいわれています。

フロアタイルはデザイン性が高く、表面の素材感を表現した凹凸加工があり、

木目調や石目調など本物のような見た目をしています。

塩化ビニルでできているため、硬く傷に強いです。

クッションフロアに次いでDIYユーザーにも人気の高い床材となっています。


フロアタイルのメリットをみてみましょう。


・耐水性や耐久性がある

塩化ビニル素材でできたフロアタイルは耐水性があります。

傷に強く、耐摩耗性に優れているため、室内だけでなくオフィスや店舗の床など土足歩行の頻度が高い場所にも向いています。


・デザインの種類が豊富

ヴィンテージのような木目調のものから大理石のような石目調のものまで、デザインの種類も豊富です。デザイン性が高く、種類も豊富なので自分の好みのものを見つけることができます。


・手軽にリフォームできる

フロアタイルはフローリングなどに比べて比較的安価な床材であり、

普通のカッターナイフでも切断ができるため、DIYでも施工可能です。


・メンテナンスのしやすさ

水汚れや油汚れをはじき、軽く拭くだけで汚れもきれいになります。

フロアタイルが部分的に汚れたり傷んだりした場合は、その部分だけを取り外して買い替えれば終わりです。また、フロアタイルはワックスの必要がありません。


フロアタイルのデメリットもみてみましょう。


・クッション性があまりない

クッションフロアに比べて素材が硬くクッション性がないです。

クッション性がないため、防音や遮音の目的で使用するのは適していません。


・隙間から水が入る場合もある

フロアタイルは継ぎ目ができてしまうため、タイルの継ぎ目から水が侵入してしまうことがあります。


・熱に関する注意が必要

熱にあまり強くないため、床暖房を敷設しているフローリングには使用できません。


フロアタイルは硬くて丈夫で、まるで本物のような素材感が魅力ですね。

特徴、メリットやデメリットなど全てのこと考慮して、用途に合ったものを選びましょう。



תגובות


bottom of page