top of page

家具とインテリアの違いについて

家具とインテリアは、どちらもよく使われている言葉ですね。

みなさんは、家具とインテリアにはどういった違いがあるのかご存じですか?

線引きが曖昧なので、同じものだと思っている人も多いかもしれませんね。

今回は、家具とインテリアの違いについてご紹介します。

家具(Furniture)

家具は、部屋で座ったり寝たりするなど、具体的な機能を提供するアイテムを指します。

衣食住の為の道具一式のことで、ソファやベッド、テーブル、椅子、収納家具などが一般的な家具の例です。家具は主に実用性を重視し、日常生活をサポートします。家具は部屋の配置や使い勝手を考慮して選ばれます。


インテリア(Interior)

インテリアは、室内空間全体のデザインや雰囲気を形成する要素を指します。

インテリアと呼ばれるのは、室内装飾、室内調度品などで、家の中を飾るものです。

家具だけではなく、カーテン、クッション、照明、花瓶、壁紙、絵画、装飾品などもインテリアの一部です。インテリアは美的要素や雰囲気を強調し、空間全体のバランスを整える役割を果たします。色彩、素材、配置、デザインなどがインテリアを構成する要素です。




家具とインテリアは同じような扱いとなっていますが、実際は違う意味があったのですね。

今まで違いを考える機会はなかったかもしれませんが、豆知識として覚えておきましょう。

家具の選択と配置、そしてインテリアのデザインや装飾をうまく組み合わせることで、理想的な室内空間を実現させましょう!


Commentaires


bottom of page